Bio



A native of Fukuoka, Japan, pianist Harumi Makiyama received her degrees in piano performance from the New England Conservatory in Boston (M.M. and G.D.) and from the Elizabeth University of Music in Hiroshima (B.M. and M.M.). 


An avid performer of contemporary music, she has studied with Futaba Inoue, Kyoko Sato, and Veronica Jochum, and is currently completing her doctoral degree in piano performance with Craig Sheppard at the University of Washington. 

Her participation at international festivals includes the Northwest German Academy of Music Summer Festival in Detmold, as well as the Adriatic Chamber Music Festival in Bonefro, Italy, and has appeared at many major international venues, such as Benaroya Hall, Boston’s Jordan Hall and the Tokyo Bunkakaikan. 

She has performed with international ensembles such as the Krakow Chamber Music Orchestra and the Razumovsky Quartett Wien. In 2003, she won first prize in the Padronini Young Artist Trust Competition in Kitakyushu, Japan. In 2010, she played Piano Concerto No. 23 (K. 488) in A Major with Kitakyushu Music Festival Orchestra.

Harumi believes that music can be a powerful means of spiritual communication that transcends belief systems: although she feels closest to Shintoism, she has worked as a church pianist for 6 years in both Protestant and Catholic denominations, and has recently begun working with the Seattle Jewish Chorale. 

Harumi Makiyama currently lives in Seattle, and leads an active professional life as a concert pianist, adjudicator, and collaborative artist.




牧山 晴美/ Harumi Makiyama / pianist

小倉高等学校卒業。エリザベト音楽大学大学院修了。ボストンニューイングランド音楽院大学院およびディプロマコース修了。寺下昌代、岩永佳子、井上二葉、佐藤恭子、ヴェロニカ ヨッフム、クレイグ シェパード の各氏に師事。北九州芸術祭、東京文化会館にて第63回読売新人演奏会に出演。エリザベト音楽大学オーケストラ、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、ウィーン ラズモフスキー弦楽四重奏団、ワシントン大学吹奏楽団、セントラルワシントン大学チェンバー合唱団、シアトルチェンバープレイヤーズと共演。ドイツ デトモルト音楽大学夏期講習会、イタリア アドリアティック室内楽フェスティバルに参加。広島安佐ロータリークラブ チャリティーコンサート出演。2002年ブリッチマン奨学金受賞。2003年より2年間、ワシントン大学にてティーチングアシスタントを勤める。2003年パドロニーニ「北九州市の若い芸術家を育成する会」主催パドロニーニオーディション優勝。2007年度、ソナタ-ソナティナ音楽祭において審査員を勤める。現在、ワシントン大学博士課程に在籍し、現代ピアノ音楽の研究に取り組む傍ら、ソロ、室内楽、また現代音楽の分野で幅広い演奏活動を行っている。シアトルモダンオーケストラのメンバーとして数々の現代音楽室内楽に意欲的に取り組んでいる。ミュージックアカデミーノースウェスト講師として後進の指導にもあたっている。2008年秋には、地元北九州市でウィーン国立音楽大学ヴァイオリン教授ウルリーケ・ダンホーファー氏と共演、また2010年8月には北九州市で行われた第一回湧き上がる音楽祭にて、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番イ長調を、楠本隆一氏指揮、北九州音楽祭祝典オーケストラと共演し好評を博した。

Copyright 2007 by Harumi Flesher. All Rights Reserved.